記事

個人再生のメリットやデメリットを把握しよう

借金問題を解決するための方法として債務整理が挙げられますが、債務整理の一つに個人再生が挙げられます。個人再生とは法律に則って東電裁判所に返済不能を申し立てた上で、借金を1/5から1/10程度に減額した上で、原則として3年間、最長5年間で返済していく方法のことを指しています。裁判所を介して手続きを行うため手続きも複雑で手間もかかりますが、さまざまなメリットが得られます。借金の元本をかなりの割合で減らせることやマイホームを残せること、ローンが終わっていれば車も残すことができます。とはいえ返済を継続しなければならず、ブラックリストにも掲載されます。南署に提出する書類も多く、手続きを終わらせるまでには約半年から1年ほどかかるでしょう。

投稿者

admin@andrearings.com