Site Overlay

信用情報との気になる関係

債務整理をする時に気になる信用情報との関係は、やはり切っても切り離すことはできず、長期的に影響を及ぼすので留意が必要です。
債務整理をすると信用情報に影響を与え、当面の間クレジットカードや各種の融資が受けられなくなります。
理由は信用情報機関の情報が更新され、債務整理による事故として記録が残るからです。
クレジットカード会社やカードローン会社は、審査の際に申し込んだ人の信用情報を確認するので、その時に事故の事実が発覚します。
つまり、過去に事故を起こした人として審査で評価されますから、カードを作ったり融資を受けるのが難しくなるわけです。
どの程度のあいだ融資が受けられなくなるかはケースバイケースですが、一般的には5年から10年ほどといわれています。
債務整理をすると信用情報に記録が残ってしまうので、信用に傷がつくことは避けられないです。
少しでも早く借り入れられるように信用を回復したいのであれば、速やかに返済を終わらせて信用回復を待つのが正解です。

債務整理のメリットを学ぶのtopへ戻る