Site Overlay

債務整理ってなんだろう

債務整理は、自分の力だけではどうしても借金を返済できなくなった場合に利用するもので、上手に活用することで借金問題から解放されるというメリットがあります。

4つの方法が存在しており、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産から自分に合っている方法を選ぶ形です。選んだ方法によって借金が減額、もしくは免除されるので、結果的に借金問題を解決することができます。

借金の問題を解決できるのが債務整理の大きなメリットですが、デメリットが全くないわけではありません。本来、借金は計画にしたがって正しく返済する必要があります。毎月コツコツと計画通りにおこなっていけば、決して完済できない訳ではありません。

つまり、債務整理を利用する必要があるということは正しく返済できていないということになるので、結果的に債務整理をおこなった情報は事故情報として登録されることになります。したがって選んだ債務整理の方法にもよりますが、一定期間は新たな借金を作ったりクレジットカードを作ったりすることができなくなるので注意しましょう。


債務整理と任意整理は何が違うのか

「債務整理」とは、借金が増えすぎて返済が困難になった場合に、借金の整理(減額や返済期間の延長)をするための法的な手続き全般を指します。

一方の「任意整理」は、先ほど説明した債務整理の一つであり、裁判所を通さずに債権者(金融機関など)と直接交渉する手続きを意味します。

債務整理には他にも、個人再生・自己破産・特定調停があり、これらは全て裁判所を通す必要がありますが、任意整理にはその必要がありません。

任意整理のメリットとしては、手続きを開始すると借金の催促がなくなることや、利息をカットできる場合があるということが挙げられます。そして他にも、手続きをしたことが周りに知られにくいことや、対象にする借金を選択できること、そして住宅や車などの財産を残せることも大きなメリットだと言えるでしょう。

逆にデメリットとしては、信用情報機関の事故情報に登録される(いわゆるブラックリストに載る)ことや、交渉によっては希望通りの減額が出来ない場合もあること、元本部分の減額はできないことが挙げられます。


債務整理をするとどんな影響があるのか

様々な理由で借金をするわけですが、その返済が難しくなった際には債務整理を選ぶ必要があるかもしれません。

すると、自分には一体どのような影響が出るのか気になりませんか。

結婚したいと考えているけれど、難しくなってしまうのではないかと不安になっている人は少なくないかもしれません。しかし、債務整理をしたからと言って結婚できないと言う法的根拠はありませんので安心してください。ただし、結婚相手に借金のことがバレないかが気になるでしょう。

全く結婚生活に影響がないとは言い切れません。債務整理すると、一定期間はクレジットカードやローンを組むことが厳しくなるからです。結婚前に債務整理した場合、結婚後にできなくなることはいくつもあります。クレジットカードやローンを組むことができない以外にも、消費者金融からの借入や奨学金の保証人などもできなくなるでしょう。全く影響がないと言うわけではありませんので、結婚相手にはきちんと話した方が良いです。